アリゴテ

現在地

名前: 
アリゴテ
色: 
 白
古さ: 
Foreign (after 1900)
原産地: 
フランス
ブドウ栽培: 
-
芳香族の: 
-
リストに掲載された生産者数: 
上場ワイン: 
Aligoté is a natural cross between Pinot and Gouais Blanc, which appeared in the late 18th century in the Saone valley in Burgundy (F). It is therefore a full-sibling of Gamay, Chardonnay, Melon and other lesser known varieties. Its name could derive from Gôt, an old synonym of Gouais Blanc, its genitor which was once widespread and is now almost extinct. An early grape that is prone to fungal disease, with varying yields depending on the terroir, Aligoté is grown mainly on the Côte d'Or and at Chablis in Burgundy, where it is also used for making kir. In Switzerland, it is mainly grown in Geneva, where it produces wines with a refreshing natural acidity.

Some wineries that cultivate this grape

お問い合わせ

このサイトについて

「Swiss Fine Wine」は、複数のワイン専門家のリストを参考に厳選したスイスの最高級ワイナリーとワインについて、多言語でご紹介する総合的ウェブサイトです。スイスで、そして世界で、高級スイスワインの魅力に触れ、訪れ、味わい、料理との組み合わせを体験して下さい。

このサイトは、高級スイスワインの推進、解説、情報や意見の交換を目的とした民間プロジェクトです。ワイン愛好家や専門家などの個人の方、また高級スイスワインについてより詳しく知りたいレストラン、ホテル、代理店などの企業の好奇心と需要に応えるウェブサイトです。