アルヴィンヌ

プティット・アルヴィンヌ

現在地

名前: 
アルヴィンヌ
Other appellations: 
プティット・アルヴィンヌ
色: 
 白
古さ: 
Indigenous
原産地: 
スイス
ブドウ栽培: 
-
芳香族の: 
-
リストに掲載された生産者数: 
上場ワイン: 
This flagship variety, native to Valais (Switzerland) is mentioned in records dating back to 1602 under the name Arvena, which could mean "upstart, new arrival". This etymology is explained by the fact that it is an orphan variety, as DNA testing has not found any relatives. Its alleged Roman origins cannot be substantiated. Often referred to as Petite Arvine, as opposed to Grosse Arvine which is probably one of its offsprings, Arvine is almost exclusively grown in Valais where it produces dry or sweet ("flétris") wines of international standard, with a citrus aroma and refreshing acidity. Traces of it can also be found in other Swiss cantons, as well as in Valle d'Aosta (I) and in France.

Some wineries that cultivate this grape

お問い合わせ

このサイトについて

「Swiss Fine Wine」は、複数のワイン専門家のリストを参考に厳選したスイスの最高級ワイナリーとワインについて、多言語でご紹介する総合的ウェブサイトです。スイスで、そして世界で、高級スイスワインの魅力に触れ、訪れ、味わい、料理との組み合わせを体験して下さい。

このサイトは、高級スイスワインの推進、解説、情報や意見の交換を目的とした民間プロジェクトです。ワイン愛好家や専門家などの個人の方、また高級スイスワインについてより詳しく知りたいレストラン、ホテル、代理店などの企業の好奇心と需要に応えるウェブサイトです。