ロイシュリング

現在地

名前: 
ロイシュリング
色: 
 白
古さ: 
Traditional (prior 1900)
原産地: 
ドイツ
ブドウ栽培: 
-
芳香族の: 
-
リストに掲載された生産者数: 
上場ワイン: 
An old German variety from the Landau region (Rhineland-Palatinate) where it was first recorded in 1546, Räuschling was once widespread in Württemberg, Alsace and the north of Switzerland. Its name may derive from the verb rauschen, in reference to the sound of the wind passing through its dense foliage. Paternity testing has determined that Räuschling is a natural cross between Gouais and Savagnin, both of which were very common in Europe in the Middle Ages. Today Räuschling has almost disappeared from its region of origin and is practically only found in German-speaking Switzerland (Zürich, Saint-Gall and Schwyz). Its wine is light, with good acidity, no doubt inherited from its ancestors, offering delicate citrus notes.

Some wineries that cultivate this grape

お問い合わせ

このサイトについて

「Swiss Fine Wine」は、複数のワイン専門家のリストを参考に厳選したスイスの最高級ワイナリーとワインについて、多言語でご紹介する総合的ウェブサイトです。スイスで、そして世界で、高級スイスワインの魅力に触れ、訪れ、味わい、料理との組み合わせを体験して下さい。

このサイトは、高級スイスワインの推進、解説、情報や意見の交換を目的とした民間プロジェクトです。ワイン愛好家や専門家などの個人の方、また高級スイスワインについてより詳しく知りたいレストラン、ホテル、代理店などの企業の好奇心と需要に応えるウェブサイトです。