ヴァレー/ヴァリス州

現在地

 
ヴァレー州では、ブドウ畑がローヌ川沿いに100キロ以上の地域に広がり、スイスで生産されるワイン全体の3分の1が生産されています。日当たりの良い斜面に造られたブドウ畑は、東はサルゲッシュ村、西はマルティニー市まで広がっています。一部のブドウ畑は横谷に深く入り込んでいて、例えばフィスパーテルミネンの場合は標高1100メートルと、ヨーロッパ有数の高地にあります。 ヴァレー州では、気候は晴天が多く乾燥していてブドウ栽培に適し、また土壌が多様性に富んでいるため、幅広いブドウ品種から多種多様なユニークなワインが生み出されます。土着品種から造られる力強い赤ワインに加え、有名な「ドール(Dôle)」ブレンドの主要品種である高貴でデリケートなピノ・ノワール種も栽培されています。白ワインでは、軽くデリケートなファンダンもあれば、ふくよかで複雑な遅摘みブドウのワインなどの特産品もあります。ヴァレー州は、新しい発見とさまざまな体験を期待するワイン愛好家の天国です。 アルプスに守られたヴァレー州の気候は、スイスのワイン生産地域の中で最も乾燥しています。ブドウの成熟を促進する暖かい風フェーンも重要な気候要因です。 ヴァレー州の土壌は、地殻の隆起、氷河の後退、ローヌ川とアルプスの谷川の沖積堆積物により、多様なものとなっています。
地区: 
ヴァレー州(中部)
ヴァレー州(低地)
ヴァレー州(高地)
確認されたワイナリー数: 
600
リストに掲載された生産者数: 
上場ワイン: 
平均気温
年間: 
10.1°C
1月: 
-0.1°C
7月: 
20.1°C
日当たり: 
2093 時間/年
年間降雨量: 
603 mm
降雨日数: 
82
地域比重: 
33.4%
栽培面積: 
4976 ヘクタール
栽培(白): 
1886 ヘクタール
栽培(赤): 
3090 ヘクタール
主要品種数: 
60
メインブドウ品種: 
アミーニュ
アルヴィンヌ
シャスラ
サヴァニャン・ブラン
シルヴァネール
コルナラン
ガメイ
ユマーニュ・ルージュ
ピノ・ノワール
シラー
地形: 
最高: 
1100 m
最低: 
390 m
土壌: 
沖積層
御影石
砂利
石灰岩
片岩

お問い合わせ

このサイトについて

「Swiss Fine Wine」は、複数のワイン専門家のリストを参考に厳選したスイスの最高級ワイナリーとワインについて、多言語でご紹介する総合的ウェブサイトです。スイスで、そして世界で、高級スイスワインの魅力に触れ、訪れ、味わい、料理との組み合わせを体験して下さい。

このサイトは、高級スイスワインの推進、解説、情報や意見の交換を目的とした民間プロジェクトです。ワイン愛好家や専門家などの個人の方、また高級スイスワインについてより詳しく知りたいレストラン、ホテル、代理店などの企業の好奇心と需要に応えるウェブサイトです。