三湖地域

現在地

 
この地域のワインの大半は、ヌーシャテル湖畔のブドウ畑から生まれます。ブドウ畑は湖に沿って、南のヴォーマルキュから北のクルシエまで広がっています。この地域では他に、ビール湖(ベルン州)とムルテン湖(フリブール州・ヴォー州)のほとりのブドウ畑で、主にシャスラ種とピノ・ノワール種からワインが生産されています。 ヌーシャテル州とベルン州で許可されている赤ワイン用ブドウ品種はピノ・ノワール種のみで、素晴らしい赤ワインと、ヌーシャテル特産の洗練されたフルーティなロゼワイン、ウイユ・ドゥ・ペルドリ(Œil-de-Perdrix)が造られます。 ヌーシャテルの白ワインで最も有名なのはシャスラ種のブドウから造られたワインですが、スパークリングの白ワインや受賞歴のあるシャルドネなどのエレガントな特産ワインも生産されています。 湖が近い影響で、このなだらかな丘陵地帯の気候は穏やかで風通しが良く、秋にはしばしば霧がかかります。ブドウ畑ごとの土壌の違いは、シャスラ種のワインのブーケの無数のニュアンスに表れています。 土壌は一般的に石灰を多く含みます。中部と東部の土壌は軽量で石が多いですが、粘土成分を多く含む泥灰質の土壌が見られるところもあります。ブドウ畑の最下部には、深層に重い沖積層土壌が存在します。
地区: 
ヌーシャテル
ヌーシャテル
フリブール(ヴュイー・ムルテン湖)
ベルン(ビール湖)
確認されたワイナリー数: 
110
リストに掲載された生産者数: 
上場ワイン: 
平均気温
年間: 
10.2°C
1月: 
1.2°C
7月: 
19.7°C
日当たり: 
1641 時間/年
年間降雨量: 
978 mm
降雨日数: 
120
地域比重: 
4.9%
栽培面積: 
730 ヘクタール
栽培(白): 
322 ヘクタール
栽培(赤): 
408 ヘクタール
主要品種数: 
40
メインブドウ品種: 
シャスラ
ピノ・ノワール
地形: 
最高: 
600 m
最低: 
430 m
土壌: 
沖積層
粘土
マール

お問い合わせ

このサイトについて

「Swiss Fine Wine」は、複数のワイン専門家のリストを参考に厳選したスイスの最高級ワイナリーとワインについて、多言語でご紹介する総合的ウェブサイトです。スイスで、そして世界で、高級スイスワインの魅力に触れ、訪れ、味わい、料理との組み合わせを体験して下さい。

このサイトは、高級スイスワインの推進、解説、情報や意見の交換を目的とした民間プロジェクトです。ワイン愛好家や専門家などの個人の方、また高級スイスワインについてより詳しく知りたいレストラン、ホテル、代理店などの企業の好奇心と需要に応えるウェブサイトです。