ティチーノ州 (Ticino)

現在地

 
アルプスの南側に位置するイタリア語圏のティチーノ州は、地中海の影響を受けた晴天の多い気候です。ティチーノ州はモンテ・チェネリによって2つの地域に分かれます。今もつる棚で育てられるブドウが見られる北方のソプラチェネリ(ベリンツォーナ)と、南方のソットチェネリ(ルガノ)です。伝統的に、ティチーノ州のブドウ畑は小区画で散在しており、要求される品質水準を保証するため、一般に農家は収穫したブドウを合わせて醸造します。 ティチーノ州のブドウ畑のほぼ90%ではメルロー種が栽培されています。場所が適していて醸造がうまくいけば、ボルドーの赤ワインにもひけを取りません。最近人気が高まっているエレガントな白ワイン、メルロー・ビアンコも、同じ品種のブドウから造られます。 ボルドー原産のメルロー種はティチーノ州に馴染み、素晴らしいワインを生み出すようになりました。温暖な気候と日当たりの良い斜面により、優れたワインを造る最高の条件が整っています。 海から遠いティチーノ州ですが、気候は地中海から大きな影響を受け、スイスの他のワイン生産地域とは大きく異なります。日照時間の長さと平均気温の高さはブドウの成熟に適しています。降水量の多さは、恵みの雨でもあるものの、危険な霰の原因となることもあります。
地区: 
ソットチェネリ(Sottoveneri)
ソプラチェネリ(Sopraceneri)
メゾルチーナ(Mesolcina)(グラウビュンデン州)
確認されたワイナリー数: 
130
リストに掲載された生産者数: 
上場ワイン: 
平均気温
年間: 
12.4°C
1月: 
3.3°C
7月: 
22.1°C
日当たり: 
2069 時間/年
年間降雨量: 
1559 mm
降雨日数: 
98
地域比重: 
7.4%
栽培面積: 
1105 ヘクタール
栽培(白): 
92 ヘクタール
栽培(赤): 
1013 ヘクタール
主要品種数: 
56
メインブドウ品種: 
ボンドラ
メルロー
地形: 
最高: 
560 m
最低: 
270 m
土壌: 
粘土
御影石
石灰岩

お問い合わせ

このサイトについて

「Swiss Fine Wine」は、複数のワイン専門家のリストを参考に厳選したスイスの最高級ワイナリーとワインについて、多言語でご紹介する総合的ウェブサイトです。スイスで、そして世界で、高級スイスワインの魅力に触れ、訪れ、味わい、料理との組み合わせを体験して下さい。

このサイトは、高級スイスワインの推進、解説、情報や意見の交換を目的とした民間プロジェクトです。ワイン愛好家や専門家などの個人の方、また高級スイスワインについてより詳しく知りたいレストラン、ホテル、代理店などの企業の好奇心と需要に応えるウェブサイトです。