地域

現在地


Here you can find out more about a region. Use the table view for a synthetic view or use the direct search function.
 

表示

 

ヴァレー/ヴァリス州

ヴァレー州(中部)
ヴァレー州(低地)
ヴァレー州(高地)
確認されたワイナリー数: 
600
ヴァレー州では、ブドウ畑がローヌ川沿いに100キロ以上の地域に広がり、スイスで生産されるワイン全体の3分の1が生産されています。日当たりの良い斜面に造られたブドウ畑は、東はサルゲッシュ村、西はマルティニー市まで広がっています。一部のブドウ畑は横谷に深く入り込んでいて、例えばフィスパーテルミネンの場合は標高1100メートルと、ヨーロッパ有数の高地にあります。 ヴァレー州では、気候は晴天が多く乾燥していてブドウ栽培に適し、また土壌が多様性に富んでいるため、幅広いブドウ品種から多種多様なユニークなワインが生み出されます。土着品種から造られる力強い赤ワインに加え、有名な「ドール(Dôle)」ブレンドの主要品種である高貴でデリケートなピノ・ノワール種も栽培されています。白ワインでは、軽くデリケート …

ヴォー州

シャブレー
ボンヴィラー(Bonvillars)
ラヴォー
ラ・コート
リビエラ
ローザンヌ
ヴュイー
確認されたワイナリー数: 
460
ヴォー州のワイン生産地域は大きく4つの地域に分かれます。レマン湖盆地の西部、モルジュとニヨンの間のラ・コート地域。ローザンヌとヴヴェー、モントルーの間のラヴォー地区。この地区にはヴォー州で最も有名なデザレーというワイン畑があり、段々畑状のブドウ畑がエペスとサン・サフォランの間の急斜面に広がり、眼下に湖が広がっています。シャブレー地域は、ローヌ川の右岸、ヴィルヌーヴとベーの間に広がっています。そして州北部地方には、ヌーシャテル湖岸のボンヴィラー、コート・ドゥ・ロルブ、ヴュイーが含まれます。 スイスワインの4分の1が生産されるヴォー州は、スイス第二のワインの産地です。名産は、シャスラ種のブドウから造られるフレッシュでフルーティな白ワインです。洗練された多彩な味わいは土壌の多様性の反映です。 …

ジュネーブ州 (Geneva)

Unused
ジュネーブ州
中部(アルヴ川・ローヌ川)
右岸(マンドゥモン地区)
左岸(アルヴ川・レマン湖)
確認されたワイナリー数: 
170
ジュネーブはスイスで3番めにワイン生産量の多い州で、ワイナリーが密集しています。レマン湖西端を囲む丘陵地帯では非常に多様なワインが生産され、最先端の醸造技術が用いられています。 白ワイン用品種では現在もシャスラ種が主流ですが、ジュネーブのワイナリーはシャルドネなど伝統的なブドウ品種でも国際コンクールで高く評価されています。 赤ワイン用品種の中では、素晴らしいストラクチャーのあるワインが造られるガメイ種が主流です。しかし、ピノ・ノワール種などの他の品種も重要度を増しています。 ジュネーブに近く迫るジュラ山脈とプレ・アルプス(アルプス山脈につながる中程度の高さの山地)は西からの雲を逸らすため、この地の気候に影響を与えています。また、レマン湖畔の丘陵地帯には春の霜が下りにくく、丘の稜線は日 …

三湖地域

ヌーシャテル
ヌーシャテル
フリブール(ヴュイー・ムルテン湖)
ベルン(ビール湖)
確認されたワイナリー数: 
110
この地域のワインの大半は、ヌーシャテル湖畔のブドウ畑から生まれます。ブドウ畑は湖に沿って、南のヴォーマルキュから北のクルシエまで広がっています。この地域では他に、ビール湖(ベルン州)とムルテン湖(フリブール州・ヴォー州)のほとりのブドウ畑で、主にシャスラ種とピノ・ノワール種からワインが生産されています。 ヌーシャテル州とベルン州で許可されている赤ワイン用ブドウ品種はピノ・ノワール種のみで、素晴らしい赤ワインと、ヌーシャテル特産の洗練されたフルーティなロゼワイン、ウイユ・ドゥ・ペルドリ(Œil-de-Perdrix)が造られます。 ヌーシャテルの白ワインで最も有名なのはシャスラ種のブドウから造られたワインですが、スパークリングの白ワインや受賞歴のあるシャルドネなどのエレガントな特産ワイン …

スイス東部地域

-
アーラウ
グラウビュンデン
ザンクト・ガレン
シャフハウゼン
チューリヒ
トゥールガウ
バーゼル
ベルン
ルツェルン
確認されたワイナリー数: 
310
ワインが生産されているドイツ語圏の17州をまとめて「スイス東部地域」と呼びます。この地域はさらに3つの地域に分けることができます。バーゼルとアールガウ州を含む西部、チューリヒとシャフハウゼンとトゥールガウを含む中部、グラウビュンデン州とザンクト・ガレン州を含む東部です。 この地域では赤ワインが主流です。ブドウ畑の4分の1で栽培されるピノ・ノワール種(地元ではブラウブルグンダー種と呼ばれる)からは、ニュアンスのある素晴らしい赤ワインが造られます。ミュラー・トゥールガウ種(スイスでは今もリースリング・シルヴァーナーと呼ばれる)を中心とする白ワイン用ブドウは、総栽培面積の25%を占めるに過ぎません。 スイスドイツ語圏はどちらかと言うと北方の気候なので、成熟に至るブドウ品種はそれほど多くありま …
注目の地域

ティチーノ州 (Ticino)

ソットチェネリ(Sottoveneri)
ソプラチェネリ(Sopraceneri)
メゾルチーナ(Mesolcina)(グラウビュンデン州)
確認されたワイナリー数: 
130
アルプスの南側に位置するイタリア語圏のティチーノ州は、地中海の影響を受けた晴天の多い気候です。ティチーノ州はモンテ・チェネリによって2つの地域に分かれます。今もつる棚で育てられるブドウが見られる北方のソプラチェネリ(ベリンツォーナ)と、南方のソットチェネリ(ルガノ)です。伝統的に、ティチーノ州のブドウ畑は小区画で散在しており、要求される品質水準を保証するため、一般に農家は収穫したブドウを合わせて醸造します。 ティチーノ州のブドウ畑のほぼ90%ではメルロー種が栽培されています。場所が適していて醸造がうまくいけば、ボルドーの赤ワインにもひけを取りません。最近人気が高まっているエレガントな白ワイン、メルロー・ビアンコも、同じ品種のブドウから造られます。 ボルドー原産のメルロー種はティチーノ州 …

お問い合わせ

このサイトについて

「Swiss Fine Wine」は、複数のワイン専門家のリストを参考に厳選したスイスの最高級ワイナリーとワインについて、多言語でご紹介する総合的ウェブサイトです。スイスで、そして世界で、高級スイスワインの魅力に触れ、訪れ、味わい、料理との組み合わせを体験して下さい。

このサイトは、高級スイスワインの推進、解説、情報や意見の交換を目的とした民間プロジェクトです。ワイン愛好家や専門家などの個人の方、また高級スイスワインについてより詳しく知りたいレストラン、ホテル、代理店などの企業の好奇心と需要に応えるウェブサイトです。